肉のヒガシハラ 電話番号

讃岐牛とは

讃岐牛とは?:香川県が生んだブランド牛です

「讃岐牛」の由来

讃岐牛は、明治15年頃、全国にさきがけて小豆郡に黒毛和種の肥育が始まったのが最初ですが、京阪神で讃岐牛の愛称で呼ばれるようになったのは大正の初めです。

その後、三豊郡・仲多度郡・綾歌郡と肥育が広まり、全県に讃岐牛の肥育が普及しました。

そして、讃岐の人々のたゆまない努力と恵まれた気候風土のなかで培われた伝統的肥育技術は、今にいたる「讃岐牛」生産の礎となっています。

「讃岐牛」とは

「讃岐牛」の定義は、血統明確な黒毛和種で、香川県で飼育されたことはもちろんですが、そのほか、肉質15ランクの内、上位4ランクに格付けされたものを「讃岐牛(金ラベル)」、5.6ランクのものを「讃岐牛(銀ラベル)」としています。

また、「讃岐牛」は普通1頭の母牛からは1年に1頭しか生産されません。

その希少な一頭を農家のみなさんが手塩にかけて、おいしい霜降り肉となるように約30ケ月(600から700kg)の間育てます。

なお、「讃岐牛」の販売は指定店制度をとっており、「指定書・ブロンズ・のぼり」のある食肉販売店等で販売しております。

「讃岐牛」販売指定書、ブロンズ、のぼり、金ラベル

「讃岐牛」の味

瀬戸内の温暖な気候風土のなかで、日本の黒毛和種を讃岐の人々が手塩にかけ、おいしい「霜ふり肉」とするため育てた讃岐牛は、牛肉としての優れた品質、味の良さで県内外の多くの人々に称賛されております。

「讃岐牛」の全国的評価

讃岐牛は、明治初期からの長い伝統のもと、全国トップレベルの技術を誇る生産者により、数々の輝かしい成績が残され、全国でも高く評価されています。

全国和牛能力共進会(全国選りすぐりの和牛を一堂に集め、5年毎に開かれる和牛のオリンピック)にて、讃岐牛はこれまでに優れた成績を収めています。

  • [第三回・宮崎大会] 枝肉販売価格日本一の800万円を記録。
  • [第四回・福島大会] 牛飼婦人和牛審査コンクールで日本一。
  • [第五回・島根大会] 歩留等級、日本一を受賞 等