肉のヒガシハラ 電話番号

お肉の部位について:豚肉

豚肉の部位

豚肉の部位[肩]

1肩:腕の部分

特徴
運動量が特に多い部分の為、筋肉質で脂肪も程良く少なめに混ざっています。
少し硬めですが、味は濃くしっかりしたうま味のある肉です。
おすすめの料理方法
  • 煮込み料理
  • シチュー
  • カレー
豚肉の部位[肩ロース]

2肩ロース:ロースから続く、首から肩の部分

特徴
もっとも豚肉らしい深い風味の部分で、脂肪がほどよく入ってほとんどの肉料理に利用できます。
おすすめの料理方法
  • トンカツ
  • 鉄板焼き
  • 炒め物
  • すき焼き
  • ローストポーク
豚肉の部位[ロース]

3ロース:胸から腰にかけての背中側の部分

特徴
キメが細かく、肉質も軟らかいので豚肉の中でも高級な部分です。ふちの脂身の部分にうま味が濃縮されています。
おすすめの料理方法
  • トンカツ
  • すき焼き
  • 豚しゃぶ
  • ソテー
  • 焼き豚
  • ロースハム
豚肉の部位[ヒレ]

4ヒレ:ロースの内側にある部分

特徴
標準的な豚から1kgしか取れない貴重な部位。ふちの脂身の部分にうま味が濃縮されています。
おすすめの料理方法
  • トンカツ
  • ソテー
  • 焼き豚
豚肉の部位[バラ]

5バラ:胴部分のお腹側の部分

特徴
赤身と脂肪の層が3段階位になっていて、別名「3枚肉」とも呼ばれています。風味とコクに優れ、ベーコンはこの部分を使用して作られる。骨付きのものはスペアリブと呼ばれる。
おすすめの料理方法
  • 角煮
  • 焼き豚
  • 煮込み料理
  • 酢豚
  • 炒め物
豚肉の部位[もも]

6もも:ももの部分

特徴
「うちもも」と「しんたま」に分かれます。赤身中心の大きな筋肉の固まりで、キメが細かく脂肪を好まない人には最適の部位です。この部分をハムにしたのがボンレスハムです。
おすすめの料理方法
  • 焼き豚
  • ソテー
  • テキカツ
  • ひき肉料理
豚肉の部位[そともも]

7そともも:ももの外側の部分

特徴
おしりに近い部位。赤身をを主体とした部位で、肉食の濃い部分はきめが粗いので薄切りにするか煮込み料理に利用します。味は少し淡白でほとんどの料理に適しています。
おすすめの料理方法
  • 煮込み料理
  • 焼き豚
  • ソテー
  • テキカツ
  • ひき肉料理
豚肉の部位[トントロ]

8トントロ:首の部分

特徴
脂の乗りがよく、豚には珍しいサシが入り、とても 美しい姿をしています。焼くとコリコリして歯ごたえのあるジューシーな肉質です。
おすすめの料理方法
  • 焼き肉

豚肉(内蔵)の部位

豚肉の部位[ハツ (心臓)]

1ハツ (心臓):心臓の部分

特徴
コリコリとした歯ざわりが特徴で、脂肪が少なくクセの無い淡白な味。心臓の強化にも役立つビタミンB群や鉄も多く含まれています。
おすすめの料理方法
  • 焼き肉
  • 串焼き
  • 炒め物
豚肉の部位[レバー (肝臓)]

2レバー (肝臓):肝臓の部分

特徴
内臓の中で最もやわらかく、栄養が豊富に含まれている部位で、ビタミンAや鉄などミネラルを豊富に含んでいます。ヘルシーでダイエットにも有効とも言われています。
おすすめの料理方法
  • 煮込み料理
  • 炒め物
豚肉の部位[マメ (腎臓)]

3マメ (腎臓):肝臓の部分

特徴
内臓の中で最もやわらかく、栄養が豊富に含まれている部位で、ビタミンAや鉄などミネラルを豊富に含んでいます。ヘルシーでダイエットにも有効とも言われています。
おすすめの料理方法
  • 煮込み料理
  • 炒め物
  • あえ物
豚肉の部位[ガツ (胃)]

4ガツ (胃):胃の部分

特徴
クセがなくコリコリとした歯触りがあり、食べやすい部位。味は淡白で、焼き物、炒め物に適しています。
おすすめの料理方法
  • 煮込み料理
  • 炒め物
  • 酢の物
豚肉の部位[小腸]

5小腸:小腸の部分

特徴
薄くて細長く歯ごたえのあるのが特徴です。ソーセージの皮として広く使われていますが、煮込んでもとってもおいしく召し上がれます。
おすすめの料理方法
  • 煮込み料理
  • 串焼き
豚肉の部位[大腸]

6大腸:大腸の部分

特徴
小腸と同様に、脂肪が多く付着しています。にんじん・大根・ねぎ・にら・キャベツ・こんにゃく等と、みそで煮込むもつ鍋によく合います。
おすすめの料理方法
  • 味噌煮込み
  • 味噌煮込み
  • マリネ
  • あえ物
豚肉の部位[タン]

7タン:舌の部分

特徴
根元のほうが舌先より脂肪が多く柔らかくてよい味です。淡泊な味なので、シンプルな味付けによく合います。
おすすめの料理方法
  • 焼き肉
  • 唐揚げ
  • シチュー
豚肉の部位[トンソク]

8トンソク:足の部分

特徴
食用には前足を用い、後ろ足はスープなどに使われます。コラーゲンを豊富に含み煮沸した後、調味料や香辛料を加えて調理すれば、ゼラチン質の独特な風味が楽しめます。
おすすめの料理方法
  • 煮込み料理
  • スープ
  • あえ物
豚肉の部位[コブクロ]

9コブクロ:子宮の部分

特徴
脂肪が非常に少なくたんぱく質の多い、低エネルギーの部位です。柔らかく淡白な味であえ物等にも適しています。
おすすめの料理方法
  • あえ物
  • 煮込み料理